痛くない歯科無痛治療

「痛くないから通いたくなる」 それが那須歯科医院です

無痛治療

那須歯科医院では、歯の治療に極力痛みを伴わない「無痛治療」を実施しています。歯医者さんに足が向かない方のほとんどは、「歯医者は痛い」という固定観念をお持ちです。ところが、近年では様々な医療機器が導入され、歯科治療の細かな精度もより進歩しています。実際に、当院をご利用になられている方にも、「全然痛くなかった」というお声や、「こんなに痛くないなら、もっと早く来ていれば良かった」というお声を頂戴しております。ここでは、そんな当院の無痛治療についてご案内いたします。

那須歯科医院の流儀 6つの無痛治療法

無痛治療法

当院では、患者さまが痛みを感じずに治療を行なえるように6つの方法を取り入れています。完全100%の無痛化は少々困難ですが、より痛みの感じにくい無痛治療が実現できています。歯科治療で痛みに敏感な方は、ぜひ一度ご体験いただければと思います。

  • ①表面麻酔で注射の刺す痛みを無痛化

    表面麻酔当院では、先に歯茎に塗るタイプの表面麻酔を施し、歯茎がマヒした後で注射を行なうようにしています。これにより、注射針を刺す際の痛みも取り除くことができますので、より痛みのない治療が実現します。

  • ②注射針の細さへのこだわり(33G)

    極小の注射針注射針の針の太さも、注射をする際の痛みに影響を与えます。当院では、歯科麻酔針の中でもトップレベルの「極細33ゲージ針」を使用していますので、針が刺さる痛み自体も軽減できます。

  • ③麻酔液の温度差にも配慮

    麻酔液麻酔液は冷蔵保存されていますので、冷たい温度のまま歯茎内部に注入されると、その温度差により痛みを生じることもあります。このため、当院では麻酔液を人肌レベルにまで温めるための専用器具を用います。これにより、温度差からくる痛みも取り除けます。

  • ④スペシャリストの麻酔針の刺し方

    麻酔針の刺し方麻酔針の刺し方によっても、生じる痛みが異なります。歯肉に大きな圧力をかけないことがポイントとなりますので、針を口腔内の粘膜に当てながら注射します。この方法を用いることで痛みの少ない注射が実現できます。

  • ⑤定期検診の価値をご案内

    電動麻酔お口の中の健康維持には定期検診が一番です。3ヵ月に一度くらいでご来院いただければ、磨き残した歯垢が歯石となって定着してしまうのを防ぐことができます。当院では積極的に定期検診をご案内しています。

  • ⑥電動麻酔器

    麻酔針の刺し方電動麻酔器により、麻酔液の注入量や注入速度を一定にする事で痛みを抑えています。麻酔に伴う痛みや不快感というのは、注射針を刺入する時だけでなく、注入量や注入速度が変化することによっても生じます。

君津市で痛くない歯医者さんをお探しの場合、ぜひ当院をご選択ください

痛くない歯医者

ご説明させていただきましたように、当院では、痛くない歯科治療「無痛治療」にこだわった施術を実施しております。これまでも多くの患者さまより、「もっと早く来ていれば良かった」と高い評価をいただいております。早く来ていただければいただくほど、痛みの少ない治療が実現できますので、歯の状態が気になり始めた方、また歯の健康維持に関心をお持ちの方は、是非当院へお越しください。