予防歯科・クリーニング

当院の予防歯科、取り組み体制と考え方

予防歯科

近年、日本でも予防歯科の価値がクローズアップされてきています。言うまでもなく、お口の環境を健康的に保っていただければ、虫歯や歯周病になるリスクを低下させられます。また、痛くなる前に痛くならないことを目指すことで、いつまでもご自分の歯でお食事ができるというメリットにもつながります。当院の予防歯科・クリーニングの取り組みを、こちらのページでご紹介いたします。

①歯科衛生士の担当制による患者さま対応

歯科衛生士歯科衛生士は、予防歯科のスペシャリストとして高度な知識技術を有しています。歯科医師と同じく国家資格を有し、予防歯科を全般的に受け持ちます。

当院では、各患者さまに担当制として歯科衛生士をお付けしておりますので、患者さまそれぞれのお口環境にきめ細かな対応が可能です。

②2種類のスケーラー 適材適所での使い分け

2種類のスケーラー歯の表面や、歯と歯茎の隙間に付着した歯石・歯垢を除去する際に、「スケーラー」と呼ばれる専用器具を使用します。

これにも「超音波スケーラー」と「手動ハンドスケーラー」の2種類があり、両方を適材適所で使い分けています。それぞれの良さを引き出すことで、歯垢や歯石除去の精度と効率を確保できます。

それぞれのスケーラーには、次のような特徴があります。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波で振動し、歯垢や歯石を除去できます。広範囲に短時間で処理できますが、細やかな作業には向きません。

  • 手動ハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手動のハンドスケーラーは作業に時間を要しますが、歯周ポケットなど、細かな箇所を処理する際にはとても役に立ちます。

「痛くなる前の歯医者さん」を始めてみませんか?

歯科医院を受診

定期検診の習慣をお作りいただければ、歯が痛くなる可能性を抑えることができます。さらに、年配になられた時に、定期検診をしてきたかどうかで、どれだけ美味しくお食事できるかが異なってきます。那須歯科医院では、歯のクリーニングのほかに、カウンセリングなども実施しながら、生活習慣の中の虫歯・歯周病リスクをお伝えし、適切な食生活へのアドバイスや、歯磨き方法のレクチャーなどもさせていただいております。

歯の表面には歯磨きだけでは落としきれない汚れが付着してしまいます!

汚れが付着

「私は毎日歯を磨いているから大丈夫」。このように思っていても、実際に虫歯になってしまうことは少なくありません。これは、歯磨きだけでは歯の表面に付着してしまうバイオフィルムを完全に落としきれないという事実があるためです。

歯磨きにも負けないバイオフィルム

お口の中のバイオフィルムは、例えるならキッチンの三角コーナーのヌメリのようなものです。軽くスポンジでこすっても落ちにくい場合があるように、一回の不十分な歯磨きでそのヌメリは蓄積します。多くなるにつれ歯茎が炎症を起こし、やがて歯周病にまで発展します。

バイオフィルム

バイオフィルムの除去は、歯医者さんにお任せを

バイオフィルムの除去毎日丁寧に歯を磨いていても、人それぞれ歯の磨き方には癖があります。少しの磨き残しは、台所のヌメリのように、また翌日さらに蓄積されていってしまいます。

このような細菌の固まりをバイオフィルムと言いますが、日を重ねる毎に強化され、やがて歯磨きでは落としきれない歯石に変化してしまいます。

このようなことから、歯磨きを怠らないことも大切ですが、定期的に歯医者さんにお越しいただき、バイオフィルムを除去することも必要になってきます。

クリーニングで歯の黄ばみを除去→本来の歯の白さが復元

歯が白くなる歯のクリーニングをお受けいただければ、虫歯や歯周病の原因となってしまう歯垢や歯石を徹底的に取り除くことができます。この他にも、二次的な作用として、歯本来の白さを取り戻せるという効果もあります。

というのも、歯に付着してしまった黄ばみは、タバコや食べ物が歯石に着色して取れなくなってしまっている汚れでもあるからです。つまり、歯のクリーニングの実施で、黄色く着色した歯石も除去されますので、結果的に歯本来の色合いを取り戻せるというわけです。このように、歯のクリーニングには多くのメリットがあります。

君津市で予防歯科をお考えの方は、ぜひ当院へお越しください

予防歯科受診を検討の方

このように、那須歯科医院では予防歯科として「痛くなる前の歯医者さん」を実践しています。ただ、虫歯や歯周病を避けるだけでなく、歯や歯茎を白くイキイキとした状態に保てますし、これを習慣化させていただければ、生涯ご自分の歯でお食事を取ることも可能になります。多くのメリットがもたらされる予防歯科ですので、このような価値にお気づきになられた方は、ぜひ当院へご来院ください。