根管(神経)治療

根管治療(歯の根の治療)で虫歯再発リスクも変化します

根管治療

歯の中には、根管と呼ばれる血管や神経が通っている箇所があります。虫歯が進行するほど、虫歯菌は根管付近に近づき痛みを生じさせます。虫歯の進行度合いにもよりますが、ある程度症状が進んだ場合、歯を抜かずに歯の機能を維持する方法として、この根管治療が行われます。治療の精度次第で、抜歯を回避できたり、虫歯治療後の再発リスクも変わってきます。このため、根管治療の精度の高い歯医者さんを選択することが大切です。

抜歯しかないの?セカンドオピニオン実施中

例えば、他の歯医者さんで「もう抜歯するしかありません」と言われた場合でも、当院の根管治療で抜歯をせずに済む場合もあります。第二の意見を取り入れることで、可能性を残せることもありますので、お気軽に当院のセカンドオピニオンをご活用ください。

セカンドオピニオンに対応

根管治療の判断と手順

  • ①重度の虫歯で実施

    重度の虫歯虫歯症状が軽度の場合、中度の場合には根管治療は必要ありません。ご覧のように、虫歯菌が根管に到達している場合に根管治療を実施します。

  • ②根管内の清掃

    根管ご覧のように、根管内部は細く湾曲しています。そこでリーマーという特殊な器具で根管内部を掃除し、メンテナンスを行ないます。

  • ③根管内の滅菌

    殺菌根管内を掃除し終えた後に、特殊洗浄液を流し込みます。これにより、根管内の虫歯菌を滅菌消毒することができます。

  • ④セメントの注入

    セメント根管を滅菌消毒できた後は、歯科用のセメントを注入します。このセメントには滅菌効果もありますので、虫歯菌の繁殖を防止できます。

  • ⑤根管の封鎖

    根管を封鎖セメントが固まった後に、根管を封鎖します。ここまでの作業精度が高く維持されれば、虫歯菌が再感染するリスクは低く抑えられます。

  • ⑥被せ物の装着

    かぶせもの歯の上部が削られている状態ですので、銀歯やセラミック製の被せ物などを装着して、咬み合わせを復元させることで治療が完了します。

精密根管治療の実施には、拡大視野が必要不可欠!

根管治療

根管は細く、肉眼で明確に捉えることができません。また内部が湾曲しているため、その箇所を完全に無菌化することは容易ではありません。特に虫歯に侵されやすい奥歯であればあるほど、適切に視野を確保し、完全に滅菌処理して封鎖することにはかなりの精度が要求されます。そこで、当院では拡大鏡をフルに活用し、精度の高い精密根管治療を追及しています。拡大視野の下で、根管内の汚れや見落としリスクを抑え、再発率を低く抑えています。

君津市で精度の高い根管治療をご希望の場合、ぜひ当院へご相談ください

根管治療

ご説明させていただいたように、根管治療の精度次第で、再び虫歯に侵される可能性が変わってきます。このため、ただ歯の痛みを取ることだけを重視するのでなく、信頼できる歯医者さんをお選びになることが大切です。当院は、精密根管治療を追及していますので、虫歯の再発リスクを少しでも抑えたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。