歯周病治療

あなどれない歯周病、当院の3つの取り組み

歯周病治療

那須歯科医院では、歯周病の治療に力を入れ、皆さまのお口環境を健康に維持できるように努めています。実は、成人の方で見た場合、歯周病は虫歯よりも歯を失わせる原因となっており、天然の歯を守るという観点からも、あなどれない病となっています。それでも、ほとんど痛みを伴わないという性質があるため、初期的な歯茎の腫れや出血などは放置されてしまうケースが少なくありません。当院では、適切に情報を提供し、妥協のない歯周病治療を実施するため、以下のような取り組みを行なっています。

①歯周ポケットの深さ測定と基本治療

早期治療初期段階では痛みを生じにくく、ご自身で症状を自覚できることは少ないです。当院では、歯周病症状のチェックとして、まず歯周ポケットの深さを測定します。この段階で痛みを生じたり出血してしまう場合、その歯茎部分は歯周病に侵されていると判断できます。適切に症状の進行度合いを判断し、それに応じた治療計画をお伝えします。

症状の度合いにより細かな処置方法は異なりますが、基本的には歯と歯茎の間の歯石を除去し、歯茎自体を引き締めていくという方法を取ります。

②2種類のスケーラーの使い分け

2種類のスケーラースケーラーは、歯に付着した歯石を除去するための道具です。このスケーラーにも、手動で微調整することに適した「手動式スケーラー」と、広い範囲を効率よく作業可能な「超音波式スケーラー」の2種類があります。当院では、これらのスケーラーを適材適所で使い分けています。

効率を追及して超音波スケーラーのみで対処するのでなく、時間がかかっても細かな箇所に妥協せず、手動スケーラーも併用しながら歯周病治療の精度を高めています。

③納得できる説明「なぜ歯周病治療が必要なの?」

歯周病治療の重要性当院では、歯周病を発見した場合、視覚的な資料も使いながら、丁寧に歯周病の症状や原因をお伝えしています。患者さまがご自身のお口環境を正しく理解し、なぜ治療が必要なのかをご納得いただけるように配慮しています。

また、初期段階では「放置してしまうと抜歯リスクが高まってしまうこと」を強く意識してご案内し、早期治療を逃さないように心がけています。他院で丁寧な説明が受けられなかった場合などは、当院を訪れていただき、セカンドオピニオンとしてご活用いただくこともできます

歯周病は、何と日本人の8割の方が感染しています!

歯周病

程度の差はあるものの、日本人の80%の方が、歯周病に感染していると言われています。これは、ただ毎日歯を磨いているだけでは完全に歯周病菌を除去しきれないためです。歯茎がはれたり出血したりすることで、ようやく歯周病が意識され始め、そこから歯医者さんを選択する人、まだ放置する人に分かれます。できれば定期的な歯科検診をご活用いただき、自覚症状がない段階でも発見できるような習慣をお作りください。初期段階ですぐに治療を開始すれば、数回の通院で完治させることができます。

毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れ…

虫歯や歯周病対策

毎日の歯磨きだけでは、虫歯や歯周病を完全に回避することは難しいと言えます。ちょっとした歯垢の磨き残しが日々蓄積され、やがて強固な細菌の固まり(バイオフィルム)を形成してしまうためです。磨き方の癖によっても、歯垢が残されがちな箇所もあるでしょう。強固な細菌の固まりができてしまうと、それがやがて歯石へと変化し、歯周病を引き起こしてしまいます。

歯周病が連れてくる病(心疾患、脳卒中、糖尿病、低体重児)

歯周病と因果関係

歯周病は、お口の中以外にも他の様々な病気に影響をお与えていることをご存知でしょうか。歯周病菌は、歯茎の血管を入り口として体内を回り、心筋梗塞や動脈硬化、脳卒中、糖尿病を引き起こしてしまうことが近年の研究で明らかになっています。また、妊婦さんの場合には、早産になってしまったり、低体重児出産のリスクをも上昇させてしまいます。体に様々な悪影響を及ぼしますので、予防や治療を徹底してください。

歯周病と糖尿病 負のスパイラル構造

歯周病と糖尿病は、お互いがお互いを助長させてしまう関係になっています。下図のように、簡単に言うと「悪い友達関係」ができあがっています。この構造を正しく理解していると、歯周病の改善で、糖尿病の症状の緩和が期待できることがわかります。

▼クリックで拡大します負のサイクル

歯周病の治療方法(各段階に応じた処置)

治療法

最初に「歯周ポケット」といわれる歯と歯茎の間の溝の深さを測定し、歯周病の進行度合いが判断されます。症状の各ステージに合わせ、以下のような処置方法があり、最適な治療法が施されます。

①歯のクリーニング(歯周病が軽度の時)

歯のクリーニング症状が比較的軽度の場合は、歯と歯茎の間の歯石も簡単に除去できますので、数回歯医者さんに来ていただければ完治できます。

歯のクリーニングでは、歯石の除去のほかに、歯の表面に付着したバイオフィルムも取り除きます。

歯茎の出血もなくなり、ハリのある歯茎に戻っていきます。

②ルートプレーニング(歯周病が中度の時)

ルートプレーニング歯周病がある程度進行している時は、歯周ポケットの深くにまで歯石がこびりついていきます。

このような状態にある時は、ルートプレーニングと呼ばれる治療法(歯茎の奥の歯石や汚れを特殊な器具で除去するもの)が施されます。

出血や痛みも伴うため、麻酔をして治療します。

③歯茎の外科処置(歯周病が重度の時)

歯周外科歯周病が過度に進行してしまうと、歯茎の奥深くにまで歯周病菌が入り込んでしまいます。時に、歯を支えている骨を溶かし始めていることもあります。このような場合は、ルートプレーニングでも歯茎奥の歯石や汚れを除去しきれません。麻酔を行ない、外科的に歯茎を切開し、歯の根っこ部分の歯石や汚れを徹底的に取り除く必要があります。治療自体の時間や身体的負担も大きくなりますので、こうなる前に早めに歯医者さんを受診してください。

定期検診をする方と、痛いときのみ歯医者さんの方の生涯治療費

定期的

痛いときのみ

(出典:日吉歯科診療所調べ) 上図は、定期的に歯科検診に来られる方と、歯が痛くなった時だけ歯医者さんを利用する方の一生涯にかかる総治療費のモデルケースです。定期検診を利用されている方は、都度出費を強いられてお金がかかるように思われがちですが、実際には「痛い時だけ歯医者さん」の方よりも200万円以上もの治療費軽減が見込めます。また、金額の差だけでなく、美味しく食事ができるかの違いもありますので、定期検診がいかに賢い選択になるかがお分かりいただけるでしょう。

年齢を重ねて後悔、若い時にしておけば良かった「歯の定期検診」

歯の後悔

(出典:雑誌PRESIDENT(㈱プレジデント社調べ) 55歳から74歳の方を対象として、「若い時にしておけば良かったこと」というアンケートが取られました。上図がその結果になりますが、ご覧の通り、70歳から74歳の方のお答えでは、第一位が「歯の定期検診」に対する後悔となっています。年齢を重ねるにつれ、自分の歯で美味しく食事をできないことの日常が、いかに寂しいものであるかを想起させるものとなっています。後悔をする前に、今のうちに歯の定期検診の習慣をお作りください。

君津市で歯周病治療をお考えの方、ぜひ当院へお越しください

歯周病(歯槽膿漏・歯周炎)治療

那須歯科医院では、ご覧のように歯周病の治療に力を入れ、各患者さまの口腔状態の健康維持に努めています。君津市で歯周病治療をお考えの方、歯周病予防を検討されている方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。