痛くない親知らず抜歯

「親知らずは抜くべき!」だとは限りません

親知らずの抜歯

昔からよく「親知らずは早めに抜いておいた方が良い」と言われていました。近年では、このような捉え方は、100%正しいとは考えられていません。自分の天然歯としてお口の中に留めておくことで、後々有効利用できる場合もあるからです。よって、「可能であればできるだけ残しておきたい」とするのが当院の立場になります。ここでは、親知らずについての当院の考え方、親知らずの処置方法などについてご案内します。

親知らずの有効利用:将来の移植への備え

親知らずの再利用

親知らずを残しておくことで、次のような場合に役に立つことがあります。この可能性を高く評価し、那須歯科医院では「親知らずは、できるだけ残すべき」だと考えています。

  • 虫歯などで抜歯となった時に、親知らずを移植して咬み合わせを復元できるケース
  • 親知らずの手前の歯を抜いた時に、歯列矯正で親知らずを移動させ、咬み合わせを復元できるケース
  • 親知らずの手前の歯を抜いた時に、親知らずと抜いたその次の歯とでブリッジを組み、咬み合わせを整えるケース

このような3種のケースについて、親知らずを有効利用することで、インプラントや入れ歯よりも生体親和性に優れた咬み合わせを実現できます。安易に抜いてしまった後には、この選択肢はなくなってしまいますので、痛みが生じていない場合は残しておいた方が良いと言えます。

親知らずの移植には、様々な条件があります

どのような親知らずでも移植できるというわけではありません。親知らずの根っこ部分の形状や、移植先との兼ね合いから、移植できる場合、移植できない場合が判断されます。まず一度ご来院いただいて、親知らずの診察をお受けください。

移植できる親知らずの条件

親知らずを抜いてしまった方が良いケース

親知らずの抜歯

①成長する見込みのない、歯茎から少し顔を出した親知らず

親知らずが横向きや斜め向きに生えている場合によく見られます。親知らずが一部しか露出していないため、ブラッシングケアも難しく、歯周病や虫歯になってしまう可能性が高いと言えます。このような場合、早めに抜歯しておいた方が良いでしょう。

②手前の歯を強く押し付け、歯並びに悪影響を与えている親知らず

同様に親知らずが横向きに生えている場合、その手前の歯を強く押してしまい、歯並びに悪影響を与えてしまうことがあります。痛みを生じている場合も生じていない場合もありますが、歯並びの影響を考え、抜いておくことをおススメします。

③周辺に嚢胞(のうほう)が見られる親知らず

レントゲン写真で親知らずを見た時に、親知らずの周辺に袋状の影が発見できる場合があります。これは膿の固まりで嚢胞と言われますが、放置すると親知らずの成長で悪影響が出る場合もあります。よって、抜歯しておく方が安全です。

④咬み合せ状態が悪く、歯茎や頬の粘膜を傷つけうる親知らず

親知らずが噛み合っていない場合、成長すればするほど歯茎や頬の粘膜を傷つけてしまいます。また顎の関節への影響(顎関節症の可能性)も懸念されますので、抜歯しておくことをおススメします。

⑤虫歯がかなり進行している親知らず

保存治療の考え方では、虫歯に侵されている場合、根管治療(歯の根っこの治療)を施し、天然歯を残すことを優先します。しかし、親知らずが虫歯に侵されている場合については、わざわざ根管治療で残すまでもなく、抜歯という選択肢で問題ありません。

親知らずの抜歯:抜歯時の痛み、抜歯後の痛み

親知らずを抜く時の痛み

親知らずを抜く時は、麻酔を施しますので、親知らずを抜くこと自体に強い痛みは感じません。また、麻酔注射をする際の痛みも、痛くならないような刺し方や配慮をさせていただいております。親知らずの抜歯で考えておくべきは、親知らずを抜いた後、麻酔が切れた時に感じる痛みについてです。こちらについても、痛みを軽減できる治療があります。

親知らずの抜歯に時間がかかると痛みやすい?

抜歯後の痛み親知らずが骨の奥深くに埋まっていたり、横向きに生えていたりするケースでは、親知らずがなかなか抜けないということも起こります。

このような場合、親知らずを抜いた後の穴は大きいことが多くなるため、麻酔が切れた後では、相対的に痛みを生じやすいということが言えます。

当院では、経験豊富な歯科医師がレントゲン写真等を用いた抜歯シミュレーション行ないますので、最短ルートでの抜歯を実現しています。

ドライソケットという痛み

ドライソケット親知らずを抜いた後には、その歯茎の穴の箇所に血が溜まり、カサブタのようにフタをしてくれます。これによって骨の露出が回避され、その部分の痛みが抑えられます。ところが、抜歯後にうがいをしたりすると、その血のカサブタがはがれてしまい、強い痛みを生じてしまいます(=ドライソケット)。

このため、抜歯後には、歯科医の案内する注意事項を正しくお守りください。ご希望の患者さまには、人口コラーゲンを重鎮させていただき、ドライソケットを予め防止する方法もあります。

親知らずの抜歯と小顔効果?

親知らずの抜歯で小顔

女性の方で、親知らずを抜いて小顔になれることを期待される場合もありますが、「親知らずの抜歯によって、小顔になれます」とは言えないのが実情です。理論的には、下顎の親知らずはエラ付近に存在しているので、抜くことで骨の吸収が起こります。よって、エラ部分が少なからず薄くなるという理屈は成り立ちますが、見た目に影響を与えられるほど、親知らずは大きくはありません。このため、意識せずに親知らずを抜いていただき、少し顎のラインが薄くなったと感じられた時に、心の中で微笑んでいただければと思います。

君津市で、親知らずの診察や抜歯をご検討の方は当院へ

親知らずの診療、抜歯をご希望の方

ご説明させていただきましたように、必ずしも親知らずは抜くべきものとは言えません。ですが、「抜くべき親知らず」もありますので、医師の立場で適切に判断させていただければと思います。また、親知らずが痛んでいる場合については、痛みの少ない抜歯を実現させていただきます。いづれの場合も、那須歯科医院にはベテランの歯科医師が在籍しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。