矯正歯科・小児矯正

クリニックが大変混み合っておりますので、ただいま矯正治療をご希望の患者様は
他医院の矯正専門医をご紹介しております。大変申し訳ありませんがご了承ください。

矯正の専門医が無料相談を実施しています!

セカンドオピニオン

矯正歯科は、一般歯科とは別のより専門性のある診療科目です。このため、矯正の専門医が治療を行ないます。那須歯科医院では、実際に矯正治療を担当する専門医が、子どもから大人まで、矯正治療の無料相談を行なっております。歯並びが気になっている方で、少しでも矯正に興味をお持ちの場合、お気軽にご相談ください。

目立たない歯列矯正を推奨(マウスピース矯正、舌側矯正、クリア矯正)

目立たない歯列矯正

一般的には、ブラケットという金属製の金具を歯に取りつけ、ここにワイヤーを通して矯正を行ないます。どうしても目立ってしまうため、見た目の印象が良くありません。このため、当院では次のような矯正装置も取り入れ、目立たない歯列矯正を推奨しています。

  • マウスピース矯正

    マウスピース矯正患者さまの歯型に合わせたオリジナルの透明マウスピースを使用します。装着していても周りに気づかれないくらい目立ちません。取り外しも簡単で、食事や歯磨きもスムーズです。

  • 舌側矯正(裏側矯正)

    裏側矯正歯の裏側に矯正装置を取り付けるものです。素材としては通常の矯正器具と大差はありませんが、外からはほとんどわからないため、一般矯正器具のデメリットを補えています。

  • 白い矯正装置

    白い矯正装置矯正装置自体は、一般的なブラケットとワイヤーによる組み合わせです。ただし、それぞれの素材が白色でできているため、歯と同化して目立ちにくいという特徴があります。

矯正治療で改善させることのできる歯並び(不正歯列)

不正歯列

歯並びの状態は千差万別ですが、問題があるとされるのは次のようなものです。専門的には不正歯列と言い、これを適切な方向に改善するのが矯正治療です。

  • 出っ歯

    出っ歯日本人に比較的多く見られる不正歯列です。上前歯が前方に突き出しているため、本人のコンプレックスとなってしまうことが多いです。

  • 開口

    開口奥歯で噛んだ時、前歯が噛み合わず、上下で空間ができているような歯列です。奥歯に負担がかかり、口が開いた状態になりやすいです。

  • 受け口

    受け口出っ歯の逆と考えればわかりやすいです。下の歯が上の歯よりも前方に出ていて、上の歯が削れてしまうというリスクがあります。

  • 叢生(そうせい)

    叢生(そうせい)歯が乱れて生えている状態で、乱杭歯(らんぐいば)とも言われます。咬み合わせが悪く、虫歯になりやすいという特徴があります。

  • 空隙歯列(くうげき)

    空隙歯列(くうげき)一般的に「すきっ歯」と言われる状態です。歯と歯の間に隙間があり、食べ物の詰まりや発音への影響があります。治療は比較的簡単です。

  • 過蓋咬合(かがい)

    過蓋咬合(かがい)咬み合せが深すぎるため、上の歯が下の歯に覆いかぶさっているような状態です。歯をすり減らしやすくなることが問題視されます。

子どもの歯列矯正は、未来へのプレゼント

子どもの歯の矯正無邪気に戯れる子どもたちが、自ら望んで歯列矯正をしたいと言い出すことは考えられません。それでも、幼いうちに歯列矯正を受けていた場合、大人になった時に必ず親への感謝が生まれます。

つまり、子ども自身のその場の感覚とは別のところで、そのお子さまの人生を長期的に捉え、適切な選択をするのが親御さんということになります。

10年先、20年先のお子さまの未来に、今リボンをかけてみてはいかがでしょうか。

大人の歯列矯正は、目立たさず、短期間で!

大人の矯正治療成人の方が歯列矯正をする場合、目立たないこと、そしてできるだけ短期間で矯正を終わらせることをお望みになるケースがほとんどです。

当院では、このようなご希望に沿えるように、最新式の歯列矯正法を導入させていただいております。

日常生活やお仕事ともうまくマッチングするような矯正器具をご提案いたしますので、どうぞご安心ください。

君津市で目立たない歯列矯正をお考えの方は当院へお越しください

矯正歯科をご希望の方

ご説明のように、当院では最新式の目立たない歯列矯正法を複数取り入れ、各患者さまのライフスタイルに合わせた矯正治療を実施しております。従来のような歯列矯正とは別次元の矯正治療となりますので、特に見た目が気になって歯列矯正を敬遠されてきた方、ぜひ一度当院へご相談ください。